職人の住む町
HOME 名工会の主旨 名工会の概要 職人の町一覧 職人技市 日本の技博物館 応援団 検索
古代織物町
 
番地 区分 名工職人 職種 内容
32-1  

加畑兼四郎

藤布 藤棚の藤から作る丈夫な繊維。古事記の応神記、万葉集の事。西暦712年以前から。
32-2  

川出茂市

葛布 葛布と言えば川出氏と言う程。研究心旺盛、明治、大正、昭和と皇室御用を賜る。
32-3  

山崎仁一

能登上布 昔の布の味合は“素朴さと重ねた歴史技”の二面を見る。
素晴しい後者の典型である。
32-4  

大滝朝子
他5名

しな布 大滝朝子・初見・栄子・ムツ子・ハッエの5名、主婦で木の皮剥がしから製品作りまで行う。国井千寿子氏を窓口にして頑張る。
32-5  

中村悦子

甑島芙蓉布 沖縄文化圏の布には非常に古いものが多い。明治始めから途絶え13年間かけて再現。
Copyright (C) 2002 WAZA All Rights Reserved.